クラロワ
クラロワ(クラッシュロワイヤル)攻略Wiki
アリーナ8のおすすめデッキ

【クラロワ】アリーナ8のおすすめデッキ【クラッシュロワイヤル】

最終更新 :
クラロワ攻略からのお知らせ
アップデート情報更新!新カード・新イベント盛りだくさん!

クラロワのアリーナ8で使えるおすすめデッキを紹介。デッキごとの詳しい立ち回りの記事に飛べますので、アリーナ8勝てない!という方は参考にしてください。

目次

ランキング
カード使用率最強カード最強デッキ
アリーナ別デッキ一覧
アリーナ1アリーナ2アリーナ3
アリーナ4アリーナ5アリーナ6
アリーナ7アリーナ8アリーナ9
アリーナ10
全デッキ評価一覧

アリーナ8:おすすめデッキ

遅延クロスボウデッキ

コスト平均3.3

デッキの特徴

クロスボウを主体として攻撃していく。クロスボウを守る為に前衛にはアイゴレ、後衛にはアイスウィズをつけて、相手のユニットを遅延しながら処理していくデッキだ。

遅延クロスボウデッキ解説!使い方と対策

ディガーバルーンデッキ

コスト平均2.9

デッキの特徴

このデッキはエアバルーンをいかにタワーに届かせるかが、重要になってくる。高回転なので、防衛後のカウンターも取りやすく、相手の処理してくるユニットを、しっかりと把握していこう。

ディガーバルーンデッキ解説!使い方と対策

ホグロケットデッキ

コスト平均2.9

デッキの特徴

高回転を活かしてホグ主体で削っていき、トドメにはロケットを打っていける。防衛面では高火力のミニペッカ、範囲攻撃のプリンセスや、受けのアイスゴーレムもいるので、防衛しやすくなる。

ホグロケットデッキ解説!使い方と対策

ホグ迫撃砲デッキ

コスト平均2.9

デッキの特徴

迫撃砲を出したタイミングで、相手がコストを使ったら逆サイドにホグを流すなど、両サイドにプレッシャーをかけることが可能。アリーナ8で組めるが、レジェンドでも十分に使えるデッキだ。

ホグ迫撃砲デッキ解説!使い方と対策

ペッカホグデッキ

コスト平均3.6

デッキの特徴

ペッカの役割は主に防衛で、防衛後のカウンターが非常に強力だ。ホグライダーをペッカとは逆に流すと両タワーにプレッシャーを与えることが可能。

ペッカホグデッキの立ち回り

スケラポイズンデッキ

コスト3.6

デッキの特徴

ポイズンをスケラ発動後に敷くことで、相手ユニットを処理したり、出しづらくする役割がある。防衛後のユニットに合わせてスケラポイズンを決めよう。

スケラポイズンデッキの立ち回り

高回転三銃士デッキ

コスト3.5

デッキの特徴

三銃士とエリクサーポンプ以外、低コストカードで編成されたデッキ。前半はエリポンを建てつつ防衛に専念し、エリクサー2倍タイムで一気に押し切る戦法が基本だ。

高回転三銃士デッキの立ち回り

ディガーポイズンデッキ

コスト2.9

デッキの特徴

ディガー+ポイズンのコンボでジワジワと削っていくデッキ。高回転で回すことで、確実に1本を落としに行く戦法がメイン。

ディガーポイズンの立ち回り

アイゴレバルーンデッキ

コスト3.1

デッキの特徴

『アイスゴーレム&エアバルーン』を中心としたデッキ。低コストで編成しているので、高回転でエアバルーンを使うことができる。とにかく相手タワーへバルーンを届けることが重要。

アイスゴレバルーンデッキの立ち回り

高回転ホグ(トルネード編成)

コスト2.6

デッキの特徴

トルネードは、キングタワーの起動や相手の進軍を抑えることができるため、汎用性がかなり高いカード。後半は持ち前の高回転を活かしてどんどんホグライダーを送り込もう。

高回転ホグデッキ(トルネード)の立ち回り

クロスボウデッキ

コスト3.0

デッキの特徴

クロスボウは自陣からタワーにダメージを与えていくデッキ。エリクサーが貯まり次第、ユニットを出していき、タワーへの道を開けることが勝利への鍵。

クロスボウデッキの立ち回り

エリババホグデッキ

コスト3.6

デッキの特徴

ホグライダーとエリートバーバリアンを主軸としたデッキ。アイスゴレホグやホグフリ、エリババフリーズなど多彩な攻めができる。オーブンをしっかり合わせることで、苦手な小型の空中、地上ユニットの迎撃も可能だ。

エリババホグデッキの立ち回り

スケラフリーズデッキ

コスト3.4

デッキの特徴

スケルトンラッシュに合わせてフリーズを展開するデッキ。ボウラーやアイスゴーレムなどの壁ユニットに合わせて発動するなど、様々な戦略が立てられる。

スケラフリーズの立ち回り

ラヴァバルデッキ

コスト3.6

デッキの特徴

空中戦をメインにしたデッキ。高い耐久力を持つラヴァハウンドにエアバルーンを組み合わせることで、空から敵陣地を崩していくことができる。アイススピリットやファイアスピリットなどで援護して少しでも長くタワーを攻撃しよう。

ラヴァバルデッキの立ち回り

アリーナ8のジャイボウラーデッキ

コスト3.9

デッキの特徴

ジャイボウラーとは、『ジャイアント+ボウラー』を使ったデッキだ。ジャイアントを壁役として使い、ジャイボウラーと他の後衛ユニットで進軍していく戦法が使える。

ジャイボウラーデッキの立ち回り

高回転バルーンデッキ

コスト3.1

デッキの特徴

タワーのターゲットを取るユニットとエアバルーンのコンボが主体のデッキ。アイスゴーレムやディガーでタワーや迎撃ユニットの攻撃を受けつつ、バルーンでタワー攻撃を狙おう。一撃でも入れば大ダメージだ。

高回転バルーンデッキの立ち回り

アリーナ8:その他デッキ

ホグアイスウィズデッキ

コスト2.8

『ホグライダー+アイスウィザード』を中心としたデッキ。ホグライダー+アイスゴーレムやアイスゴーレム+コウモリの群れなど、他にも様々なユニットを使って攻撃が可能。

ホグアイスウィズデッキの立ち回り

ボウラースケラッシュ

コスト3.4
作りやすさ★★☆☆☆

デッキの特徴

スケルトンラッシュにボウラーやフリーズを合わせて展開するデッキ。ボウラーやアイスゴーレムなどの壁ユニットに合わせて発動するなど、様々な戦略が立てられる。

ボウラースケラッシュの立ち回り

アイスゴーレム&ホグライダーデッキ

コスト2.8
作りやすさ★★★★★

デッキの特徴

アイスゴーレムの後ろにホグライダーを配置して、前線へ素早く進軍する。爆発力こそないものの、コスト平均を抑えて編成できるので、手札を高回転で回せる使い勝手の良いデッキだ。アイスゴーレムは攻めだけではなく防衛時にもドンドン使おう。

アイスゴーレム&ホグライダーの立ち回り

ダークネクロジャイボウラーデッキ

コスト3.8
作りやすさ★★☆☆☆

デッキの特徴

ダークネクロを編成したジャイボウラーデッキ。防衛後のユニットにジャイアントを合わせていく戦法が基本だ。

ダークジャイボウラーデッキの立ち回り

エレウィズディガーデッキ

コスト3.5
作りやすさ★☆☆☆☆

デッキの特徴

エレクトロウィザードのザップ効果で、ディガーにターゲットを移しつつ、エレウィズでタワーなどにダメージを与えていく。エレウィズだけで攻撃を止められるユニットもいくつかあるので、防衛もしやすい。

エレウィズディガーデッキの立ち回り

ラヴァクローンデッキ

コスト3.5
作りやすさ★☆☆☆☆

デッキの特徴

ラヴァクローンデッキは、基本的に通常のラヴァハウンドデッキの立ち回りと変わらない。敵のターゲットが元のラヴァに来ていることを確認したら、クローンを使ってラヴァを増やし、敵の攻撃を誘導してラヴァとラヴァパピィの強力コンボを作ろう。

ラヴァクローンデッキの立ち回り

スケルトンラッシュ&ディガーデッキ

コスト2.9
作りやすさ★☆☆☆☆

デッキの特徴

基本的にはディガーとスケルトンラッシュのどちらかにターゲットを取って、もう片方のユニットでタワーを狙う戦法。エリクサー有利の状況を作って奇襲をかけると良い。

スケルトンラッシュ&ディガーの立ち回り

ジャイバルデッキ

コスト3.3
作りやすさ★★☆☆☆

デッキの特徴

空中と地上から攻撃を仕掛けるバランスの取れたデッキ。防衛面でも弱点は少ないので、戦況を見ながらカウンターを狙おう。

ジャイバルデッキの立ち回り

アリーナ8:カード育成優先度

アリーナ8でアンロックされるカードには優秀なものが多い。攻めと防衛に活躍するダークネクロやボウラー、凍結効果や鈍化効果を持つアイススピリットやアイスゴーレムなど使い勝手が良い。

アリーナ8の育成優先度

順位カード特徴
1位ダークネクロ・6秒毎2体のコウモリ召喚
・死亡時3体のコウモリ召喚
・ファイボ以下の呪文に強い
2位アイススピリット・1コストの低コストカード
・フリーズ効果持ちユニット
・地上&空中への範囲攻撃
・手札回しや時間稼ぎに活躍
3位ボウラー・5コストの範囲攻撃持ち
・攻撃対象は地上ユニット
・通常攻撃時ノックバック
4位アイスゴーレム・2コストの壁役ユニット
・攻撃対象は建物のみ
・死亡時、周囲に鈍化効果
5位コウモリの群れ・コスト2の空中ユニット
・4体編成ユニット
・スケルトンと同ステータス
6位ランバージャック・攻撃速度が速く、高火力
・死亡時にレイジ発動
7位クローン・範囲内ユニットをコピー
・クローンユニットのHPは1
・HP以外は本体と同じ性能
・範囲攻撃や呪文に弱い
・建物はコピーできない

アリーナ8:カード対策

ダークネクロ対策

ダークネクロが死亡時に出すコウモリと、生成するコウモリが厄介。地上と対空どちらも攻撃できるユニットがおすすめだ。

アリーナ8までの主な対策カード

ダークネクロの評価!使い方と対策

アイススピリット対策

ホグライダーやエアバルーンの後衛としてつけられると、動きを止められてしまい非常に厄介なので、受けユニットを出してアイススピリットを止めよう。

アリーナ8までの主な対策カード

アイススピリットの評価!使い方と対策

ボウラー対策

ボウラーの攻撃目標が地上のみなので、空ユニットで処理しよう。建物で自陣処理する場合は、ボウラーがターゲットを取る位置に置くこと。

アリーナ8までの主な対策カード

ボウラーの評価!使い方と対策

アイスゴーレム対策

ホグライダーやエアバルーンの盾役としてつけられることが多い。さらに爆破で遅延もされてしまうので、低コストユニットで早めに処理することで、防衛がしやすくなる。

アリーナ8までの主な対策カード

アイスゴーレムの評価!使い方と対策

コウモリの群れ対策

コウモリの群れは、タワーだけで容易に処理できてしまうユニットだが、後衛としてつけられると非常に厄介。ユニットで受けるか、呪文で処理しよう。

アリーナ8までの主な対策カード

コウモリの群れの評価!使い方と対策

ランバージャック対策

ランバージャックは素早く、攻撃力が高いのでHPの高いユニットで受け、タワーと同時に処理してからカウンターに繋げよう。ランバーの死亡後のレイジには注意だ。

アリーナ8までの主な対策カード

ランバージャックの評価!使い方と対策

クラロワ他の攻略記事

デッキ一覧

全デッキ一覧
アリーナ別デッキ一覧
アリーナ1アリーナ2アリーナ3
アリーナ4アリーナ5アリーナ6
アリーナ7アリーナ8アリーナ9
アリーナ10

カード一覧

全カード評価一覧
タイプ別一覧
ユニット建物呪文
レア度別一覧
ノーマルレアスーパーレアウルトラレア

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]Supercell

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

GameWithからのお知らせ

攻略情報

掲示板

クラロワ大会情報

最新アプデ・イベント情報

新カード情報

イベント情報

デッキ一覧

アリーナ別デッキまとめ

種類別デッキまとめ

カード一覧

タイプ別一覧

レア度別一覧

ランキング

初心者向け記事

大会モード解説

カード育成

宝箱

クラン解説

システム解説

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中